ジャンル|タイポグラフィ・趣味・実用

5と3/4時間目の授業

高橋源一郎 (講談社)

「常識」こそ疑え。
「読む」「書く」体験を通して、新しい世界が見えてくる。大切な「問い」を探すための力をあなたに授ける特別授業。

文字を主体としつつ、本書が「文章教室」であることを伝えられる装幀を模索。レンガの壁を敷くことで、寄宿舎のようなイメージを出すことに。
帯には高橋さんのお写真を使用し、写真とネームを絡めたレイアウトを。

本書は、単行本時は「17歳の特別教室」というシリーズの一冊として刊行されました。文庫化にあたっては帯を共通フォーマットとして、緩やかなシリーズ感を出すことに。
目次や扉など本文付き物デザインもシリーズで共通のものとなっています。